特別講演

本大会では、特別講演として2人の先生をお招きして講演を行っていただきます。

間接互恵性と内集団ひいき:数理モデルによるアプローチ

増田直紀(東京大学大学院情報理工学系研究科)

評判を介した間接互恵性と内集団ひいきは,それぞれ,人間の協力行動を支えるメカニズムとして知られている.両者の関連は社会心理学や行動経済学の実験研究からも示唆されている.しかし,理論的には,間接互恵性は協力を達成するのに対し,内集団ひいきは単体では協力を達成するのが稀である.本発表では,間接互恵性によって内集団びいきを説明できる理論を2つ紹介する.一つは,外集団等質性を仮定した間接互恵性の数理モデルである.もう一つは,評判の情報共有がグループ単位で行われるような間接互恵性の数理モデルである.


Darwinian puzzles in humans

Michel Raymond(Institute of Evolutionary Sciences, University of Montpellier II)

Several traits exist in humans that are considered Darwinian puzzles; i.e., behaviours apparently deleterious to Darwinian fitness because of their association with lower fertility, lower longevity, or both. Classical examples are left handedness, homosexual preference (= androphilia), menopause and mental disorders. The first two examples will be examined in details, and possible evolutionary explanations will be proposed (handedness : frequency dependence in fights, social advantage ; androphilia : pleiotropic and sex-antagonist gene in a stratified society). Predictions of the theoretical models will be presented, along with empirical tests. Some interesting consequences on the functioning of statified societies will be considered, as well as the importance of female attractiveness.